あんこうどんがら鍋

目的

ジャンル

食材

材料

一般的には「寒だら」使うどんがら鍋を、旬の食材「あんこう」で作るのがポイント。
あんこうはビタミンA・Dやコラーゲンが豊富で、冬の栄養補給には最適。「あんこうの七つ道具」といわれるように、骨以外の全ての部位がおいしく食べられることも魅力の一つです。
寒い冬、冷えた体を芯から温めましょう。

  • 材料(4人分)
  • あんこう…800g
  • 豆腐…1丁
  • 白菜…300g
  • いもがら…2本
  • ねぎ…1本
  • せり…1本
  • 岩のり…適量
  • 七味唐辛子…少々
  • A
    だし汁…6カップ
    味噌…大さじ6
    酒…50cc
    みりん…30cc
    塩…少々

作り方

  1. あんこうは大ぶりの一口大に切る。
  2. 材料の下ごしらえとして
    ・豆腐を4cm角に切る。
    ・白菜、せり、水でもどした「いもがら」を4cmの長さに切る。
    ・ねぎは厚めの斜め切りにする。
  3. だし汁の中に白菜と「いもがら」を入れて柔らかくなるまで煮る。
  4. 31のあんこう、豆腐を入れ、Aの調味料を入れ味をなじませる。器に盛ってからせり、岩のりを添え、七味唐辛子などをかけていただく。

ワンポイント

  • さらにおいしさUP
    七味唐辛子の代わりにお好みでワサビを用いてもGOOD!
    あんこうとの相性も抜群です。

レシピ提供:郷土料理家 古田久子

Comments are closed.